FC2ブログ

とあるメーカーの人事の話

工学系のぼくらの社会に出てからの役割とは一体何でしょうか。

先日、あるメーカーの人事の方から、こんな話を聞きました。

私「どうしてメーカーに入ろうと思ったのですか?」

人「ぼくは、職人である父の影響を受けたのもあってか、就活を始めてモノを作っている会社に惹かれていった。このメーカーの人に話を聞いたり、いろいろ見たりした中で、このメーカーは皆が本当に誇りを持ってものづくりをしているし、間違いなくいいモノを作っていると確信した。だけど、ぼくは文系だから直接的に製品開発や製造に携わる職種につくことはできなかった。じゃあ、自分はどうやってメーカーに貢献することができるか。モノを作ることはできない。だけど、このメーカーの製品の良さや、そこに注がれている情熱を誰よりもうまく伝え、売りこむことができると思った。だからこのメーカーに入った。」

人「ぼくは君たちがうらやましいよ。ぼくはものづくりに直接的に携わることはできないけど、君たち工学系出身者にはそれができるんだから。」


こんな話聞いたら、もうあれですね。

やるっきゃない。